頭髪の毛量の変化を測定する銀座総合美容クリニックの3Dプリント技術

人の目ではわかりにくい髪の毛の量

銀座総合美容クリニックでは、患者の髪の毛の量を正確に測定するたまに最先端の3Dプリント技術を活用しています。

毛量変化測定技術と呼ばれる方法で患者の頭部を三六〇度くまなく撮影することで、人の目でははっきりと分かりにくい髪の毛の量を正確に把握することができるのです。

はっきりと一部の頭髪が完全に失われている状態ならともかく、ほんの少し髪の毛が減っている軽度の薄毛の状態は人の目で確認する事は難しいでしょう。

その時の髪の毛の状態などによって髪の量の見え方は大きく変わってくるので、専門の医者でも目視での測定は難しいはずです。

薄毛治療によって抜け毛が減ったか、それとも発毛の量が増えたかなどもやはり確認は容易ではありません。

毛髪の量を正確に数値化

スカルプスカルプチャーという3Dプリントの技術は、そうしたわかりにくい髪の毛の量とその変化を正確に測定するために開発された技術です。

人の目ではなく機械によって客観的に測定されているので、確実に正確な測定が可能となります。

気のせいでも何でも無く、器械による測定で正確な数値によって現在の髪の毛の量や、治療の成果を確認する事は、薄毛で深刻に悩んでいる患者にとって非常に心強い情報となるはずです。

まだ開発中の試験段階での導入

ただ、このスカルプスカルプチャーは銀座総合美容クリニックで開発されたばかりの技術を、試験的に導入しているに過ぎないと言うことに注意しましょう。

今後その試験段階の後にどのような結果になるかはまだ不透明ですが、より正確に薄毛治療の成果の検証を鮮明に把握することができるようになることが期待されています。

少なくとも、鏡越しに自分の頭髪の量を確認しようとするよりも、寄りはっきりとした結果が数値として表れるはずです。

単に患者が安心するだけでなく、現在行われている薄毛治療の有効性の検証や、新しい治療法の効果などを確認するためにも大いに役立つことになるでしょう。